「ほっ」と。キャンペーン

北朝鮮がデノミネーション[memo]

北朝鮮がデノミネーション(通貨単位の切り下げ)を突然実施したのは、急激なインフレに対処する一方、国民の隠し資産や富裕層の不正蓄財、闇市場などへの統制を強化し、体制を引き締める狙いがある。

ただ、資産を事実上没収される国民の動揺は激しく、不満が拡大する可能性も出ている。

北朝鮮市民の中には、生活防衛のために「タンス預金」を蓄えている人も少なくない。これに対して、当局はデノミで1人あたりの交換額を制限しており、上限額は、各世帯の月々の生活水準とほぼ同じ10万ウォンという情報もある。それ以上のお金を保有している場合、紙幣は紙くずになる。

「本当にあきれた。インチキだ」。韓国の北朝鮮専門インターネット新聞「デーリーNK」によると、市民には大きなショックが広がり、現地の消息筋は「人々が道端に座り込んで泣くのは、首領様(金日成主席)が逝去した時以来だ」と伝えてきたという。

市民は隠し資産を米ドルなどに両替するため各地の闇市場に殺到し、商店は新たな価格が決まるまで営業を停止した。再開は6日以降と見られており、市民生活に影響が広がりそうだ。


皆が価値が有ると思い込んでいる紙切れが本物の紙切れ・・・ゴミになってしまったんですね。全てがゴミになった訳ではないでしょうが、厳しい話です。
こんな事になるんだったら、溜め込まずに使えるうちに価値がある物にさっさと交換しとくべきでしたね・・・。まぁ、俺には関係無いですが。



マネーの動きで読み解く外国為替の実際
[PR]
by salvatore_t | 2009-12-09 15:35 | Memo